任意整理をした時のクレジットカードへの影響について

任意整理をした時のクレジットカードへの影響について

借金をする人の中には、クレジットカードで複数の会社から借り入れを行い、その結果、毎月の返済額が膨れ上がってしまって返済に行き詰まってしまうことがあります。 その際、任意整理をすることで借金を解決することができるかもしれません。 そこで今回は任意整理とクレジットカードについて紹介していきたいと思います。

任意整理でクレジットカードの借金を減額することができる

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠の2つの機能があります。 どちらも便利にお金を借りることができますが、便利がゆえに借り過ぎてしまい借金を抱えてしまうこともあります。 もし、お金を借りていて返済が厳しいという状態ならば、任意整理を検討してみると良いです。 任意整理は借金の元本を直接減らすことは出来ませんが、将来発生する利息をカットしたり毎月の返済額を減らしたりすることができます。 また2007年頃から借入をしている人の場合は、過払い金が発生している可能性が高いです。 過払い金が発生している場合は過払い金請求をすることで、過払い金分を元本の返済に充てることができます。 将来発生する利息をカット出来れば、現在の借金が増えることはありません。 ですので、クレジットカードの借金で困っている場合は、まずは任意整理を検討してみましょう。

任意整理を行うとブラックリストに載ってしまう

ブラックリストとは

ブラックリストという名称はよく聞きますが、実際にそのようなリストが存在する訳ではありません。 「ブラックリストに載る」ということは、つまり個人信用情報機関に事故情報が登録されることを意味します。 個人信用情報機関は個人信用情報をデータとして保存、管理している機関です。 クレジットカードを使ったりローンを組んだりするとここに情報が登録され、その後の返済状況などについてもチェックされます。 それだけでなく、支払いの遅れや未払いなどについても登録が行われます。 クレジットカード会社や銀行、消費者金融は融資の申し込みを受けると、この信用情報機関に照会をかけます。 そうすることでこの人にカードを発行して大丈夫なのか、お金を貸して大丈夫なのか、といった判断を行っています。

任意整理をするとクレジットカードが使用できなくなる

債務整理を行うと、ブラックリストに載ることになります。 任意整理は債務整理の一つなので、もちろんブラックリストに載ります。 ブラックリストに載ることで起こるデメリットはいくつかありますが、そのうちの一つにクレジットカードが使えなくなるということがあります。 ブラックリストに載ると信用力に欠けると判断されるため、カード更新の際の与信審査で利用停止になってしまいます。 今使っているカードが使えなくなる以外に、新規でカードを作ることも出来なくなります。 カード発行の際、カード会社は必ず個人信用情報機関に照会をかけるため、ブラックリストに載っていることが分かれば審査に通らずカードを発行してもらえません。

ローンも組めなくなる

ブラックリストに載ると、新たにローンを組むことも出来なくなります。 ローンを組む際に金融機関が個人信用情報機関に照会をかけるため、信用力に欠けると判断されると審査に通らなくなります。 住宅や車はもちろん、教育ローンなどの審査にも通らなくなるので十分注意が必要しましょう。 ただし、任意整理の場合、現在組んでいるローンについては影響がありません。 任意整理は整理の対象になる債務を選ぶことができるので、ローンを対象から外せば影響はありません。 もちろんそのローンは減額されることなくしっかり残ることになるので、その後きちんと返済していく必要があります。 返済が難しい場合は返済計画を見直すか、他の債務整理方法を検討する必要が出てきます。

任意整理は特定のクレジットカード会社を対象から外すことができる

特定のクレジットカード会社だけ対象から外すことはできる

複数社からの借り入れがある場合、任意整理では整理対象とする債務を自ら選ぶことができます。 他の債務整理にはない任意整理の特徴のひとつとなっています。 整理する債務を選択できることは、特定のクレジットカードのみを残しておくといった方法をとることも可能です。 また、弁護士や司法書士などに代理人を依頼して任意整理を行う場合は、「整理対象以外にも借金がある場合はすべて申告してください」と言われることもあります。 その場合は、後々に問題にならないためにも隠さずにすべて申告すべきです。

任意整理をするといずれどのクレジットカードも使えなくなる

任意整理の際に、もしもの時に備えてクレジットカードを残しておいたとしても、そのカードが利用できるのは一時的となる可能性が高いです。 何故なら、任意整理を行った時点で個人信用情報機関には金融事故としてその事実が登録されてしまいます。 そのため残しておいたカード会社の人が途上与信の際に、任意整理をしことに気づきクレジットカードの解約を行うためです。 ここで気になるのは途上与信を行う頻度ですが、これは会社によって様々です。 また、事故情報が見つかったからといってすぐに利用できなくなるかどうかというのも、会社によってまちまちといった状況となっています。 どちらにせよ任意整理を行う場合に、クレジットカードを残しておいても後に利用できなくなる可能性は極めて高いです。

クレジットカードの任意整理をする際の注意点

引き落としているものは任意整理前に変更する

月々の返済をクレジットカード払いで預金口座からの引き落とし設定している場合、任意整理の手続き開始の通知を送付しても、銀行の対応が間に合わず、しばらくの間は引き落としが止まらない可能性があります。 そのため、あらかじめ口座の残高をゼロにしておくことが重要です。 また、公共料金や携帯代などの毎月の生活費をクレジットカード払いの預金口座引き落としに設定している場合は、任意整理前に各種支払い方法を振込など別の方法に変更しておく必要があります。

ショッピングローンを任意整理すると購入した商品を引き上げられることがある

クレジットカードのショッピング枠も、任意整理を行うことが可能です。 しかし、クレジットカード会社の判断によっては、購入した商品が回収されてしまう場合があります。 日用品などの価格の低い商品は回収される可能性は低いのですが、傾向として自動車のような高額の商品は回収されるケースが多くあります。 そのほかにも、電化製品や家具なども高額の場合は引き上げられることがあります。 そのためクレジットカードの任意整理を行う際は、ローンが残っている商品が引き上げられる可能性があることを覚悟しておく必要があります。 商品を回収されたくない場合は、それらの商品のローンを組んでいるクレジットカード会社を任意整理の対象から外さなければなりません。

キャッシング枠とショッピング枠のどちらか一つを任意整理することはできない

クレジットカードの任意整理を行う場合、キャッシング枠とショッピング枠のどちらかだけの借金を整理対象にすることはできません。 解約扱いとなるため、必ず会社単位ですべての借金を任意整理することになります。 そのためショッピング枠での借金がある場合は、上記で説明したように高額商品が引き上げられるケースがありますので注意が必要です。 また、ショッピング枠は利息制限法を超える高い利息ではないため、過払い金が発生することはありません。 キャッシング枠に関しては、高い利息でキャッシング取引を行っていた場合、過払い金が発生することがあります。 キャッシングの借金で過払い金が発生した場合、ショッピングの残りの借金と相殺する方法をとることになります。

任意整理後は完済から5年間はクレジットカード作成できない

債務整理をするとブラックリストに事故情報が登録され、任意整理の場合は登録が削除されるまで5年間の期間がかかります。 そのため、5年間は新しくクレジットカードを作ることはできません。 ブラックリストに登録されていても作れるカードが存在すると言われることがありますが、ブラックリストには延滞や債務整理の情報も登録されるため、返済能力がないとみなされることからカードの新規作成はほぼ不可能です。 ブラックリストへの掲載期間は約5年間で、登録が削除された場合は個人情報の記録が真っ白な状態になりカードを作成できる可能性が出てきます。 ただし、ブラックリストの掲載期間5年間というのはあくまでも完済してからの期間であるため、延滞を繰り返していた場合は5年が過ぎてもカードが作れないので注意が必要です。 また個人情報の記録が真っ白な状態である場合、過去にブラックリストに登録されていたのではと疑われ審査に通りにくいこともあります。

任意整理後にクレジットカードを作成する際のポイント

任意整理したところに申し込まない

任意整理を行うと、5年間は個人信用情報機関に事故情報が記録されます。 5年が経過すればその情報は削除され、クレジットカードを作ることができます。

しかし、これには例外があります。 任意整理の申し入れを受けた金融機関には、その会社独自の事故情報リストが存在します。 社内ブラックと言われ、独自のリストのため情報の保存期間が半永久的で、削除されることはありません。 そのため、任意整理した金融機関からは二度とクレジットカードを作ることはできません。 また任意整理をした会社が他の会社の保証会社になっている場合、情報の共有がなされますので、その業者でもクレジットカードは作ることができません。 任意整理後には整理対象とした、もしくはその会社と関係するところには申し込まないようにしましょう。

短期間に複数の会社に申し込もない

任意整理から5年が経過しクレジットカードの発行が可能になると、すぐに複数の業者に申し込むことがあります。 しかし、複数の業者に申し込むことは審査を受ける上で良いものではありません。 申し込みの事実も情報として共有され、概ね6カ月は業者間で他社への申し込みが把握されます。 あまりに申し込みの件数が多いと、何か理由があるのではないかと判断されてしまい審査に落ちてしまうことあります。 ですので、まずは通りやすいところの一社に絞りましょう。

信用実績を作る

任意整理を行うと、5年間は個人信用情報機関に事故情報が記録されます。 5年が経過すればその情報は削除され、クレジットカードを作ることができます。

しかし、これには例外があります。 任意整理の申し入れを受けた金融機関には、その会社独自の事故情報リストが存在します。 社内ブラックと言われ、独自のリストのため情報の保存期間が半永久的で、削除されることはありません。 そのため、任意整理した金融機関からは二度とクレジットカードを作ることはできません。 また任意整理をした会社が他の会社の保証会社になっている場合、情報の共有がなされますので、その業者でもクレジットカードは作ることができません。 任意整理後には整理対象とした、もしくはその会社と関係するところには申し込まないようにしましょう。

任意整理後にクレジットカード代用となるカード

デビットカード

デビットカードとは、銀行などの金融機関が発行するカードで、決済するときにカードを使うと代金が口座からすぐに引き落とされます。 クレジットカードは分割払いやリボルビング払いを選ぶことができますが、デビットカードは一括払いしかないのが特徴です。 日本には「Jデビット」という独自のシステムがあります。 これは銀行の加盟店で支払いをするときにキャッシュカードを使うとデビットカードのように口座からお金が引き落とされるシステムです。 現在ではほとんどのキャッシュカードにこのサービスが付加されています。 銀行口座にあるお金を引き落として使うというシンプルなシステムのため、審査せずにカードを発行できるので、任意整理後もクレジットカードのように使うことができます。

家族カード

家族カードは家族会員カード、ファミリーカードとも呼ばれるクレジットカードのことであり、クレジットカードの契約をした人の家族に対して発行されるカードです。 契約者の信用情報をもとに家族カードを発行するかどうかが判断されるので、通常よりも審査が緩くなります。 そのため任意整理や自己破産によって、クレジットカードをもてなくなった人でも、家族カードならば持つことができます。 契約者が持っているクレジットカードに保険サービスなどをつけた場合、家族カードにも同じサービスが付加されるのが特徴です。 家族カードは持つ人の信用情報はチェックしませんが、配偶者、親、高校を卒業した18歳以上の子供など契約者と関係がある人しか持てませんので注意してください。

まとめ

任意整理をすることでクレジットカードの借金を減額できるとはいえ、ブラックリストに載ってしまうことは避けられません。 ブラックリストに載ると、クレジットカードの使用はおろか、新規の作成も一定期間できなくなります。 さらにローンが組めないなど多くのデメリットが生じます。 またクレジットカードが使用停止になるにあたり、必要となる手続きを予め済ませなければなりません。 加えてショッピングローンを任意整理することで、購入した商品を引き上げられる可能性も覚悟する必要があります。 その為状況を良く理解した上で任意整理に踏み切ることが重要です。 しかし、生活を立て直し、社会的信頼を取り戻すことで再度クレジットカードを利用することができます。 任意整理は生活を立て直すための有効な手段です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還額累積8億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に7ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積8億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.5
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ